モエルごみの日

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
人は分からないものに祈る

高校時代の友達が経営している「ささらプロダクション」。2年前に最初の映画作品『オオカミの護符』が作られ(この作品は後に文化庁から賞を受けました)昨日は第二弾映画の封切りがありました。
『うつし世の静寂(しじま)に』という作品です。暑い暑い真夏の上映会に行ってきましたよ。さて、今回はどんな作品なのでしょう。

100725b.jpg

前回の作品は小倉さんの実家に古くから張られていたオオカミの絵のついた護符の謎をほどいてゆくという作品としての大きな柱がありましたが、今回の作品はそういう具体的に目に見える柱ではなく、敢えて言うならば人々の”祈り”を全体の流れとした作りになっているようです。

全体は4つの風景から構成されていて、それは「念仏講」「巡り地蔵」「谷戸の風景」「初山獅子舞」と、多摩の地で古くから行われている風習や暮らしの手仕事などにクローズアップしたものです。

私がびっくりしたのは念仏講や巡り地蔵それから無尽講など、話では聞いたことのある風習がまだこの地で行われているということ。都市伝説ならぬ田舎伝説じゃなかったんだ念仏講!というくらいにカルチャーショックを受けました。
長いお数珠を念仏を唱えながら円座でぐるぐると手繰っている風景など、本当に今の川崎で行われていることなの?と、映画を観たあとでもちょっと信じられない気持ちでいます。映画みたい。。。いや、映画なんだけど、でもこういう映画じゃなくて、もっと別の。。。

講が終わると”なおらい”と云って参加者にもてなしが出るのですけれど、そのおかみさんがまた大変素敵な方で、「私はこういう農家にお嫁に来たかったんです。自分が活かせるのはそういうこと(モエル注:手仕事や野良仕事や料理や、そういう意味だと思います)でしかできないから。だから今は幸せです。」とニコニコしながらおっしゃるのです。

それから魅せられたのは初山獅子舞といって天狗が先導する獅子三匹による舞です。
この獅子舞を、今はなくなってしまった神社の跡地に奉納した映像がとてもよかった。神社がなくなった理由と云うのが明治政府による「神社合祀令」ということで、国策により祈りを奪われた庶民なんだけれども、風習は廃れることなくこうして残っていることに人の気持ちの力強さを感じました。
このお祭りは10月にあるそうなので、機会があれば観にいきたい。お獅子の舞もそうだけど、天狗の天晴れな舞を自分の目で観てみたいと強く思いました。

さて、私が映画全体を通して思ったことは一言で言えば「ギャップ」です。
小倉さんが最初の映画からずっと追いかけている地元の古くからの風習や暮らしやまつりごと。まず知らなかったことが非常に多くてそのこと自体に驚くのですが、では知った後にはどうするのかといえば、やはりその世界とは一線を隔して暮らし続ける自分がいるわけです。
たとえばお祭りひとつをとっても、ただ見ている分にはあぁいいな素敵だなと思うけど、そこに参加しようとまでは思わない。農家のお嫁さんの畑仕事なんかもいいなと思うけど、せいぜいベランダでシシトウを育てるのが手一杯です。
なにか始めてそれを続けさせる覚悟が私にはないのですね。もちろんなんでもかんでも古いものがいいものだと手放しで思うわけではありませんが、しかし、改めてあのお嫁さんの潔さにはカウンターパンチを食らった思いです。

でも、このギャップを感じたということに意味があるのではないか。全く知らないでいることと、知りながらもギャップを抱えて生きていくこととには大きな差があるのではないか。
そんな意味としても、小倉さんにはどんどんと新しい世界あいや古い世界か?私の知らない世界を見せていって欲しいと思うのであります。

100725a.jpg

映画のあとのトークショーでの小倉さんと由井監督(男前)。

小倉さん、由井さん、素敵な作品をありがとうございました。
次回作の構想もすでにあるらしいので楽しみにしておりますよ!

(日記タイトルの「人は分からないものに祈る」は、『うつし世の静寂に』を観た哲学者:内山節さんの言葉より。びんびんキました。)

『うつし世の静寂に』は今後たくさんの上映会を企画しているそうです。
興味を持った方はこちらをどうぞ。

Posted by moerux
Category : 映画
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
『アバター』

お恥ずかしい話ですが、先日わたくし、映画『アバター』を観てきてしまいました。あぁ恥ずかしい、あんな超話題作を。

もう皆さんあちこちでいろんなレビューをご覧になっているでしょうから、くどくどと説明はしません。

密林の描写が『ナウシカ』じゃんとか、ナヴィ族のあの娘は『もののけ姫』じゃね?とか、人間が攻撃に使った巨大な軍用機って『未来少年コナン』のギガントみたいだね〜とか、あのロボットの原型ってロボノイドでしょ〜とかとかとか、もうふんとに宮崎駿色たっぷりだったのですが、それについてはあれこれ言いませんったら言いません!


そんなことより、あのナヴィ族の娘が私は大変好きでした。
100131b.jpg
この娘が、

100131a.jpg
この娘が、

段々可愛く見えてくる。

飛行シーンで、この娘がですね、ヤンキー娘のようにキャッホーと奇声を発するのですよ。
それがキャッホーではなくて、正確に文字で書き表そうとすると、
「りぃぃぃぃぃぃーーーーーャッハーーーっ!!!」
みたいな。

この奇声がとても好きでした。

あと、飛行に使うバケモノ鳥を呼ぶときに、なんか喉の奥の方からこれまた変な声を出すのですが、これもまた絶妙に可愛くて。

これって、たどたどしく日本語をしゃべっている外国人パブのオネエチャンが可愛く見えちゃうってのと、もしかして同じかなー。
だとしたら相当オヤジ目線ってことになってしまうんだけど。

いやぁ、まぁ、しかしですね、映画はとても面白かったです。
大画面のIMAXシアターでもう一度観てみたいと思ってしまうくらい。

Posted by moerux
Category : 映画
2 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
『かいじゅうたちのいるところ』

すごくいい夢を見て、目が覚めてからもそのことを思い出してばかりいるって、そういうこと、あるでしょ。

昨夜この映画を観てから、ずっと私はあの世界とこの世界を行ったり来たりしている。

楽しかった!
あ〜楽しかった!!
でも、夢だったんだ。。。

って。

100124b.jpg

マックスは8歳。
いろいろ面白くない。
家出をした。
船に乗って島に着いた。
そこにはかいじゅうたちがいて
マックスはおうさまになった。

100124c.gif
有名な絵本が原作だというこの映画なのですが、その絵本を私は読んだことが無いのでほとんど思い入れや先入観なく観ることができました。

かいじゅうたち、本当にいいひとなの?
マックス、最後にはたべられちゃうんじゃないの?
こんなに(物理的に)激しくぶつかりあってだいじょうぶなの?
キャロルってマックスと同じだよね!

などなど、いろいろ疑問が浮かびながらも。
絵本の世界から出来上がったんだと納得できる説明の欠如、いや、欠如と言うのは語弊がある、不必要な説明や、いいわけや、解釈をすっ飛ばした物語作りがされていて、それがとても心地よい映画でした。
心地よいというのも、あとから気がついたことであって、観ているときはそんなことは分からずにとにかく画面に夢中になっていてあっという間の2時間だったのですが。

100124a.jpg

マックスのこの服がかわいかったな。
このひげのびよんびよん感!
オオカミになりすましているんですって!
かわいすぎて全然わかんなかったよ!!!

100124d.jpg

なんだろうなー。この感じ。
楽しくて可愛くて怖くて可哀相で、そして、愛しくて、泣きたくなる。
なんだかものすごく大切なものを無くしちゃった気持ちになっています。


蛇足ながらに、ひとつだけ気になること。
KWのおなかの中に隠れていたあらいぐまのリチャードってどうなったの!!!!???

Posted by moerux
Category : 映画
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
『グッド・バッド・ウィアード』

こないだ『セントアンナの奇跡』を観に行ったときに、この映画の予告編が流れてそれがあまりにも衝撃的だった。もうはっきり言ってセントアンナ本編よりもグッドバッドウィアード予告編の方が面白かったと言っても過言ではなく、まぁしかし最近の予告編は大変よく出来ているのでどうだろうなと思いつつも映画の日だったので行ってきました。

090902a.jpg

物語の舞台は満州。
日本軍が日銀総裁の元に送ろうとしたある地図。その地図をめぐって争奪戦が繰り広げられます。
戦いの中心になるのはチョン・ウソン演じる賞金稼ぎ、イ・ビョンホン演じる冷酷なギャングのボス、そしてソン・ガンホ演じるまぬけなコソ泥。
この地図は宝の地図と噂されているのだけれど、一体そこにどんなお宝が隠されているのかまったくわからないまま、話が進んで行きます。

まぁそのアクションシーンの派手なことカッコイイ事。
アクションの山場は大きく分けると3回あって、冒頭の列車襲撃シーン、闇市のシーン、それからなんたって砂漠の中の騎馬シーンがもうっ!日本軍がばんばん撃たれてゆくのも、いいのもう。
チョン・ウソンが流鏑馬よろしく両手離しで馬を走らせながらライフル撃ちまくるところでは思わずスクリーンに向かって「ひょーーーっ!カッコイイっっっ!」と叫びましたよ。えぇ。
それから闇市で戦うシーンではロープにつかまっての空中戦でまるでピーターパンですよ。とにかくカッコよすぎる。
チョン・ウソンって誰かと思ったら『私の頭の中の消しゴム』の人だったのですね。全然気がつかなかった。あの映画に比べると少し太っていて、それがまた大人っぽくてよかった。あんまり細すぎると、そこらへんの若いニーチャンって感じで重みが無いですね。

ソン・ガンホを二丁拳銃という設定にしたのはセンスがあると思いました。二丁拳銃ってすごく古いイメージがあるんだけど、現代の話ではなくて満州の時代だし、それから狙いを澄ましてクールに敵を倒すんじゃなく、闇雲にどんぱちやっているイメージがコミカルな役柄にすごく合っています。登場するだけで画面が和む素晴らしいソン・ガンホ。

イ・ビョンホン。目の下にアイライン入ってて、アシンメトリーな髪型で、ピアスしてて、って、時代としてありえないんだけど、まぁそんなことはどうでもよい。
屈折した役でした。アル中だし。怒りが原動力といったタイプの人間ですね。
上半身裸のシーンがありまして、そこでどんなにか写メ撮りたかったか。虫の腹みたいに割れてましたぜ。

090902b.jpg

実際はこんなにニッコリしながら3人で立っているなんちゅうシーンは無かったです。これは宣伝用のシーンね。
まぁ皆さん大柄だし見栄えがしますね。誰でもいいから一人くれっ!

さてさて、宝の地図を手にするのはだれか、そして肝心の宝とは何なのか、3人の運命はどうなるか。
韓国式マカロニウェスタン『グッド・バッド・ウィアード』。この数年観た映画の中では一番面白かったと言っても過言ではないです。すっきりしたいお方はぜひどうぞ。

Posted by moerux
Category : 映画
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
オメロ・アントヌッティ<Omero Antonutti>

『セントアンナの奇跡』という映画を観てきたのだが、その映画に触れたいわけではない。
まぁせっかくだから出し惜しみしないでちこっと触れると、なんかよくわかんなかった。どれのどの部分を奇跡と呼びたいのだろう。
監督のスパイク・リーによるとこの映画は【観た人のインテリジェンスに呼びかけるような映画】ということだそうで、そんじゃわかんなかったとしても仕方ないか…。

えーっと、一人ね、すごく気になる人が出ていたのです。

イタリアの田舎町に暮らすとある老人なんだけどね、

090818a.jpg

この人。

この目、眉の角度、威厳のある風格。

うーーーん。。。。。。。

あ!私の脳裏に燃える象さんの画像が!
090818d.jpg
ピーーン!

そうです、タヴィアーニ兄弟の『グッドモーニング・バビロン』のお父さん役の人だわ。

090818b.jpg

第2次大戦直前のアメリカに渡ったイタリア人兄弟が奮闘する物語なんですけど、その父親役をやっていたのがこの老人でした。

090818c.jpg

兄弟はおとうちゃんが大好き、そして一番恐れている。
もちろん大尊敬してる。

好きだったな、この映画。

そうだ、この老人だったのだった。

この俳優の名前を調べたらオメロ・アントヌッティというお方だとわかったのですが、それよりももっと大変なことがわかってしまいました。

なんと、このオメロ氏、エリセ監督の『エルスール』のお父さん役をやっていたお方だったのです!

090818e.jpg

うっそ〜ん!

なんで気がつかなかったんだ!俺!俺!俺のバカバカバカーーー!夕日に向かって走りたい。

090818f.jpg

あぁ、本当だよ、このダンスのシーン。この父ちゃんの顔。あんなに好きだったのに、どうして忘れた。

ほかにも『父 パードレ・パドローネ』という映画で主演もしているし、この俳優は父親の象徴のようなお方なのですね。

名優オメロ・アントヌッティ。

<本日は自分の忘備録として更新いたしました>

Posted by moerux
Category : 映画
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
『転校生』

こないだ飲んでいる最中にこの映画の話題になり、もうどうしようもなくむちゃくちゃに観たくなってしまい、深夜帰宅してから酔眼で鑑賞した『転校生』。

今調べてみたら1981年の映画だそうで、もう20年以上も前の作品なのですね。
いまや大御所と言っても過言ではない小林聡美と、最近ちょっとサミシイ尾美としのりがほとんど無名だったときの映画で、この作品があまりにも素晴らしかったので二人ともこの映画のあとはずいぶん苦労しただろうなと推測します。なにをやっても転校生転校生言われちゃってさ。

ご存知の方も多いでしょうが、一応解説をしますと。

ある日斉藤一夫のクラスに転校生が来るんですな。
それが一夫と一文字違いの斉藤一美。
この二人がひょんなことで体が入れ違ってしまう。
仕方がないのでそれぞれ別の人間に成りすまして日々を送ることにするんだけど、思春期の男女なのでまぁいろいろあるんです。

「一夫ちゃん、あれって時々形が変わるのね」
「あれってなんだよ」
「オシッコの出るところ」
「ばかやろう!そんなもんいじくり回すヤツがあるかっ」
「だってオシッコのあとに紙で拭いてたら形が…」
「あんなもんはなぁ2、3回しずくを切ったらそれでいいんだよ」

なにしろ一夫と一美、体は元のままなのですが、中身が変わっているのだからややこしい。
またある日、一美が一夫を呼び出します。

「一夫ちゃん、体なんとも無い?」
「まぁ日焼けしたからあちこち痛いけどな」
「そうじゃなくて、下っ腹の辺りがずんと重くなったりしてない?」
「なんだよそれ」
「じゃぁ正直に言うわね、でもその代わりふざけないでよ」
「うん」
「あたし、、、じゃなくて、あなたの体、もうすぐ生理になるの、あたしは慣れてるけど一夫ちゃんは初めてだからいろいろ困ると思って」
「えっ!俺生理になるのかよっ」
「この箱の中に入っているものを使えばいいのよ」
「どうしたらいいんだよ、俺。。。」

とにかく二人の演技が素晴らしいのです。
形は中学生の男の子と女の子なのだけど、中身は本当にそれぞれ別の性別の人間にしか見えないのです。

090813a.jpg
新しい水着を自慢する一夫。
体が女の子だということを忘れてブラジャーを付け忘れました。

090813b.jpg
一夫の着替えを手伝う一美。
「ちゃんと毎日パンツ取り替えてよ」と念を押すのを忘れません。
このときにこっそり生理用品を持ち出して後日一夫に渡すのです。

090813c.jpg
「あたし、この体に戻りたい」
と一夫に迫る一美。
この直後チンピラに襲われますが難を逃れます。

まぁなんというか、私が選ぶとこんなシーンばかりになってしまうのですが、体が入れ替わったことによってお互いを思いやる気持ちを学び、お互いの大切さそれはつまり自分自身の大切さを学んでゆく様には心を打たれます。

最終的に二人の体は元に戻り一件落着となるのですが、最後に二人の別れのシーンがあり、私はここで泣かなかったことが無いというくらい毎回必ず泣いてしまいます。

「さよなら!あたし!」
「さよなら!おれ!」

走り去るトラックを追いかける元にもどった一美と、その姿を8ミリビデオで映す元に戻った一夫。
画面はやがて一夫の映す8ミリビデオのモノクロ映像に変わり、小さくなった一美の後姿がスキップでもと来た道を戻って行くシーンで終わります。

たぶん、邦画の中で一番好きな作品『転校生』です。

Posted by moerux
Category : 映画
2 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
いまさら『崖の上のポニョ』

DVDが出たから観た。なんですけどね。
覚え書き程度に書いておきます。

まず絵のタッチが好きだった。
映画が始まって真っ先に出て来る絵。水平線があってそこに船が左右対称に浮かんでいる。すべて単純化された線でまるで絵本の一ページのような印象。これは映画全般でクローズアップになったときにみられる表現で、私はとても好きだった。
タイトルバックが出て主題曲が流れるとき、ジブリの映画ではしばしば背景にタペストリーのような絵巻物のようなアニメが流れるんだけど、今回の絵柄もとても単純な線でまるでパッチワークのデザインみたい。なにかの作品に真似してみたいと思った。
それからクローズアップしたときの単純なラインと相対してもうひとつ。ロングになったときの風景や背景の色鉛筆あるいはパステル調のタッチ。これもいままでに無かった表現だった。アウトラインを黒淡色で区切らずに、草は草色に区切られ、山は山色に区切られ、家のアウトラインは家の色に区切られていて、とても心地よい。

声優陣。
山口智子がよかった。嵐の中猛然と車を走らせる勝気な女や、夫が仕事で帰ってこれないと知ったときのがっくりとふてくされた場面、ポニョを金魚が人間になった子だと息子が言うままに信じて自宅に入れるときの優しい声。などなど。なかなかやるじゃん!
主役の子供たちは二人とも◎
所ジョージはいただけなかったな、下手だった。たとえばトトロのときのお父さんを演じた糸井重里なんかもすごく下手だったけど、彼には下手なりの味があった。所ジョージはちょっと残念。

ストーリー。
説得力に欠ける。
説明しすぎによるいやらしさを避けるのは上品でいいと思うけど、必要以上に視聴者に疑問を持たせたまま先に進むのはどうか。
フジモトの存在の意義、ポニョが世界を破壊したという設定などはちょっとついてゆくのに手こずった。私がバカなだけ?

あぁそうそう、覚え書きと言いつついろいろ書いたけど、一番好きだったのは水の描き方。
こっくりとした水。まるで油のようにねっとりと重く動く水。すごく好きだった。

全体評価。
10点満点中5.5点ってとこかな。
総評5点と、リサのキャラ立てに敬意を払ってプラス0.5点。

ジブリ、早く、本当に、復活してくれ。

Posted by moerux
Category : 映画
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
47が無い

まーだ家でブラブラしている。

暇だったので兼ねてより気になっていたマイ寅さんの整理をした。

マイ寅さんというは無く子も黙る寅さんDVD48巻セットのことである。
これがDVDを買ったときについてくる筒状のプラッチックのホルダーに重ねて入れてあるものだから、いざ観たい一枚を探そうと思ってもどこがどこやらむちゃくちゃに入れてあってそりゃもう一苦労。
ちゃんと順番どおりに重ねて仕舞えばいいと思うでしょ、奥さん。甘いよ、ウチには無茶苦茶の国からやってきた無茶苦茶おじさんがいるんだから。

そう、そんで。ちゃんと順番を守って入れるように100円ショップでDVDケースを買ってきたのだ。
ポケットが24個ついてる。これを2個買った。
全部のポケットに1から48までの番号を書いた。これならばいくら無茶苦茶王でも順番を守って入れてくれるだろう。

全48枚、ホルダーからケースへ移し変えた。

筈だったのだが、一枚足りない。

47作目が無い!

ほかのDVDケースも、それから万が一DVDプレーヤーも観たけど、無い。夜になって帰ってきた無茶苦茶おじさんに訊いたけど知らないという。

うぬう。

いつの間にか無くしたのか、それとも最初から無かったのか。
いずれにせよ、48作そろっているからこその48作なのに一枚足りないとは。

大切な大切な宝玉に大きな瑕がついてたことを知らなかったこの間抜けは、ただいま大変うなだれております。

Posted by moerux
Category : 映画
4 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
『僕らのミライへの逆回転』
 まず邦題が最悪だな。
「僕らの」が「ミライ」にかかっているのか「逆回転」にかかっているのかよくわからないし、『愛と青春の旅立ち』系の、イメージ単語連発式説明調タイトルってのは好感持てないよね。

ましかし、予告編でみたジャックブラックの映像があまりにも馬鹿馬鹿しくて面白そうだったので映画の日に行ってきました。

joy-081103a.jpg

とある街に、さびれほうけたビデオ屋がありまして、いまどきビデオテープだけなの。DVDは置いてない。しかもそのビデオテープも一本ずつ正面向けて並べてあるようなしょぼい品揃え。店主(ダニー・グローヴァー)とアルバイトの男(モス・デフ)でのんびりやっています。
ところが、ある日そのビデオテープの画像が全て消えてしまった。原因は近所に住んでいて年中店に出入りしているジェリー(ジャック・ブラック)。この男なぜか変電所に恨みを持っていてある晩こっそり忍び込み破壊してやろうと思ったのはいいけれど逆に大量の電気を浴びてしまい体の中に磁気を大量に保有してしまった。彼が近づいたおかげでテープの中の映像が全て消えてしまったのであります。

それでもお客はやってくる。『ゴーストバスターズ』が観たいという。無いものは仕方がない自分達で作っちゃえばいいんじゃん!
って、このへんの流れがもうむちゃくちゃなんですけど、意外にもこのリメイクビデオが受けてしまって、どんどんお客が来るようになってしまった。お客の要求に応じて、ものすごいローテク&そのばしのぎで次から次へとリメイクビデオを作って行くのですね。

ロボコップ、ライオンキング、2001年宇宙の旅、ラッシュアワー2、ドライビングミスデイジー、キャリー、キングコング、メンインブラック、シェルブールの雨傘、ブギーナイツ、などなど。

私自身が観ていない映画もたくさんありましたが、そういうの関係なく、この主役の二人がばかばかしくリメイクしている様が本当に可笑しくて笑えました。

街の再開発で取り壊しを迫られているビデオ店の事情とか、やがてビデオ作りを手伝ってくれるようになってくる街の人たちとかを絡めながら、最後にはホンワカしたエンディングを迎えるのであります。

ジャック・ブラック。気になっていた俳優さんだけど、初めて観ました。
『ゴーストバスターズ』リメイクを撮り終わった直後、テンションが上がったままでついつい主題曲を口ずさんでしまうところとか、人の言葉使いの気になる部分をなんとなく真似してしまうところとか、細かいところがすごく自然でよかったな。

タイトルは最悪でしたが、濃厚なラブシーンも破壊的な暴力シーンも大どんでん返しも出てこない、私好みの映画でした。ビデオが出たら又観たいです。あ、テープじゃなくてDVDは出るのかな?(笑)
Posted by moerux
Category : 映画
3 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
『点子ちゃんとアントン』
joy-081018.jpg 

とにかく点子ちゃんがかわいい。
くしゃくしゃの髪、少し上を向いた鼻、にーっと横に開く口。10歳くらいの設定だったかな?おしゃまな女の子なのだけど、ときどき大人みたいな表情も見せる。

ドイツのこの映画はケストナーという作家が書いた童話が原作らしいのだけど、ケストナーと聞くとなぜか黒柳徹子を思い出してしまう。何かの番組で紹介していたのかな、忘れた。

点子ちゃんは裕福な家庭の女の子、そしてあまり恵まれていない環境で育つ親友のアントンを助けたくていろいろな活躍をするのだけど、結局最後はアントンに助けられて、それが元で二家族皆で海に旅行に行くことが出来た。
うわー我ながらすごいまとめ方だ。でもまぁそんな感じの映画。

子供の生活、子供の成長を扱った映画は大好きですね。
私が好きな子供映画のパターンを分析してみると、まず子供が異文化に出会うのですね。そしてその衝撃や違和感を乗り越えたり払拭したりという作業の中で子供は子供時代として必要な何かを失い、結果として大人への扉をひとつ開けてしまう。そういう人生の一大イベントを仰々しくではなくてサラッと描いてくれる映画が好きなんです。

その異文化の象徴として、しばしば取り上げられるのが『死』なわけですよ。母親の死、飼い犬の死、突然現れた見ず知らずの旅人の死、とかね。だいたい誰かしらの死が身近に起きるのですけども。

この点子ちゃんは誰も死ななかったなー。近いところではアントンのお母さんが病気がちで、お?これは死ぬのか?と思ったら途中から段々元気になってきたし。アントンが車を勝手に運転して遠いところに行ってしまったときも、お?事故って死ぬのか?と思ったら麦畑に突っ込んだだけで怪我ひとつしなかった。

よくよく考えてみたら点子ちゃんの年齢では死の神秘に人生で最初に魅せられるのはとうに過ぎているのですね。点子ちゃんはもうちょっと大人なのです。

では何が描かれていたのか。
それは『男女間の友情』だったのではないかと。点子ちゃんとアントン。女の子と男の子。学校では意地悪な仲間にからかわれたりもするのですけれど、点子ちゃんは動じないのです。だってアントンは親友なのだから。
親友のためにけんかをしたり、人気の無い夜の駅で唄を歌ってお金を稼いだり、先生や母親に抗議をしたり。
本当はね、本当はちょっとある、男の子と女の子という意識。画面ではその辺の説明は無いけど、でもやっぱりちょっとはあるよね、10歳だもん。
でもそういうところから少し意識をずらして接している二人のバランスがすばらしいです。この年齢だったらあまり無理なく安心して観ていられますね。

余談になるけど先日テレビで観た『時をかける少女』のアニメ版では高校生の男女の友情がストーリーの主な味付けになっていたのだけど、これは観ていてちょっと苦しかったかな。

『点子ちゃんとアントン』
誰も死なないけど、点子ちゃんはたくさんの経験の中で少しだけ大人になります。そしてアントンとは永遠に親友!
そんな映画です。
Posted by moerux
Category : 映画
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
| 1/4PAGES | >>