モエルごみの日

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お空に大きな | main | カシュ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
いまさら『崖の上のポニョ』

DVDが出たから観た。なんですけどね。
覚え書き程度に書いておきます。

まず絵のタッチが好きだった。
映画が始まって真っ先に出て来る絵。水平線があってそこに船が左右対称に浮かんでいる。すべて単純化された線でまるで絵本の一ページのような印象。これは映画全般でクローズアップになったときにみられる表現で、私はとても好きだった。
タイトルバックが出て主題曲が流れるとき、ジブリの映画ではしばしば背景にタペストリーのような絵巻物のようなアニメが流れるんだけど、今回の絵柄もとても単純な線でまるでパッチワークのデザインみたい。なにかの作品に真似してみたいと思った。
それからクローズアップしたときの単純なラインと相対してもうひとつ。ロングになったときの風景や背景の色鉛筆あるいはパステル調のタッチ。これもいままでに無かった表現だった。アウトラインを黒淡色で区切らずに、草は草色に区切られ、山は山色に区切られ、家のアウトラインは家の色に区切られていて、とても心地よい。

声優陣。
山口智子がよかった。嵐の中猛然と車を走らせる勝気な女や、夫が仕事で帰ってこれないと知ったときのがっくりとふてくされた場面、ポニョを金魚が人間になった子だと息子が言うままに信じて自宅に入れるときの優しい声。などなど。なかなかやるじゃん!
主役の子供たちは二人とも◎
所ジョージはいただけなかったな、下手だった。たとえばトトロのときのお父さんを演じた糸井重里なんかもすごく下手だったけど、彼には下手なりの味があった。所ジョージはちょっと残念。

ストーリー。
説得力に欠ける。
説明しすぎによるいやらしさを避けるのは上品でいいと思うけど、必要以上に視聴者に疑問を持たせたまま先に進むのはどうか。
フジモトの存在の意義、ポニョが世界を破壊したという設定などはちょっとついてゆくのに手こずった。私がバカなだけ?

あぁそうそう、覚え書きと言いつついろいろ書いたけど、一番好きだったのは水の描き方。
こっくりとした水。まるで油のようにねっとりと重く動く水。すごく好きだった。

全体評価。
10点満点中5.5点ってとこかな。
総評5点と、リサのキャラ立てに敬意を払ってプラス0.5点。

ジブリ、早く、本当に、復活してくれ。

Posted by moerux
Category : 映画
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
コメント
コメントする