モエルごみの日

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 帰還 | main | 入院二日目 1月19日(水) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
入院一日目 1月18日(火)

じらしていたわけではないのですが、帰宅後なかなかパソコンを立ち上げる気にならず、遡って3回分の更新で分かるようにケータイではあの程度しか打てないので、機が熟すまで待っていたのよ、自分の。退院4日目にしてようやくキタ。
たぶんほとんど自分の記録のための内容になると思います、お許しください。


先月の検査の付き添いなどでキアロには散々仕事を休んでもらったので入院は一人で行きました。
10:30。まずは入院手続きのカウンターへ。

ここで入院前納金(2万円)を預け、あらかじめ用意しておいた限度額認定書を提出。
ご存知の方も多いと思いますが、この限度額認定書というのがもの凄く大事で、どんなに入院費用がかかろうともある一定の金額以上は支払わなくてもいいですよというモノで、加入している健康保険組合から発行していただけるありがたい紙切れ。
収入にも寄りますが、私の退院時の支払い額は80100円+なんぼに予測です。

受付が済んだら婦人科のナースステーションへ向かい、バーコードを腕に巻いてもらいます。
110131a.jpg
一気に入院気分が盛り上がります。

そしていよいよ今後数日を過ごす自分のベッドに案内されました。4人部屋の窓側。
この病院では、消灯時や着替え以外はそれぞれのベッドのカーテンは開けっぱなしにしなくてはいけないルールみたいで、どうも落ち着きません。だってベッドに寝ると前のベッドの人と目が合っちゃうのです。いやだなー。

12:00。特に何するわけでもなく、お昼になったので私のような新参者にもお昼ご飯が来ました。
ゆかりご飯/焼き魚(カジキ)/おしたし(ほうれん草)/煮物(蓮根人参)/漬物(大根)
人生初めての病院食は意外なほど美味しく10分ほどで平らげさっさと片付けに行きましたが、回りの先輩方はまだ半分も食べていない様子で、この健康っぷりが少し恥ずかったです。

午後になり行事第一弾。明日の手術に向けて、てーもーです。
てーもーとは、一般的に剃毛と書くようですが、要するにあそこの毛を剃るんですな。
なんで剃るんだろう。。。という疑問は、もうこの際どうでもよく、処置室のベッドでいさぎよくおぱんつを下ろす私。

その腹を見た看護師さんが、「あー、これですかー」と。
そう、今回入院することになった私の子宮筋腫ですが、仰向けになると目視でわかるくらいにポッコリとでっぱっているんです。ポッコリというと一箇所が突起しているような感じになっちゃいますが、そうじゃなくて、むっくら?もっこり?とにかくおへそから下の左側が全体的に盛り上がっている。
「大きいですねー」とお褒めのお言葉を頂きながらてきぱきとジョリジョリされる。

どこまで剃るのかな…というのが結構心配だったのですが、その正解は、横になって見えている部分まで。でした。奥の方は無事。(無事て)

剃り終え、濡れ手ぬぐいで始末していただいて、さて下着をつけようとしたら、まだまだぬぐいきれていない毛がおまたに散乱しとります。それを自分でつまみ取り、さてゴミ箱はどこかいなと見回していたら、看護師さんが気を効かして手のひらを出すのです。

いくら剃って下さったお方とはいえ、あそこの毛を手渡すってーのはどうですか。できますか。私は出来ません。
ふはは、とあいまいな笑いをお互い浮かべる微妙な瞬間。

18:00。夕飯。これも10分で終える。ごめんなさいごめんなさい。

18:30。まみつんがお花を届けに来てくれました。
110131b.jpg

明日の手術のあとに部屋に戻ってきたときにお花があるといいかなーって思って。
って。。。
お花自体も嬉しかったけど、その優しい気持ちが涙が出るほど嬉しかったよ、まみつん!
丁度仕事を終えて来ていたキアロと3人でしばらく話す。
私はネットで知り合った方の話など普段はほとんどキアロにしないので、キアロも誰なんだろうこのきれいな女性は。。。と心で思いながら話していたようです。

20:40。行事第二段、浣腸。たぶん生まれて初めて。いや、さっきのてーもーだって初めてですよ!別に力説する必要も無いんだけど。

21:00。就寝。今後飲み食いは禁止ですが、経口保水液という、ポカリスエットのようなものを3本、明日の11時までに飲むように指示されました。
水は飲んじゃいけなくて、なんでこれは飲んでいいんだろうという疑問もありますが、とにかく脱水予防ということと点滴の代わりなんだよという説明だけを受け、初めての入院の夜、緊張で寝られずに起きるたびにこくこくとこのボトルを口にしたのでありました。

Posted by moerux
Category : からだ
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
コメント
コメントする