モエルごみの日

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 入院六日目 1月23日(日) | main | 入院九、十日目 1月26日(水)〜1月27日(木) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
入院七、八日目 1月24日(月)〜1月25日(火)

1月24日(月)

体重を量ってみたら手術前より100g重くなっていました。…どういうこと。
そういえば食事もすっかり普通のご飯に戻り、計算してみたら一日の摂取カロリーが2100くらいもあります。これって成人男性並み?貧血食と但し書きがあるから沢山食べて元気になれということなのでしょうか。それにしても手術前より重いってヤバイです。院内ダイエットを決意。

加入している生命保険の担当者に今回の入院のことを電話で報告。必要書類をキアロ経由で送ってくれる由。

1月25日(火)

9:00。抜鈎(ばっこう)
昔は手術のあとを針と糸でちくちくと縫ったようですが、最近はホチキスでぱんぱんととめるだけです。手術後六日目、いよいよ抜鈎の日が来ました。

抜鈎のあと、その日はシャワーを浴びることが出来ないので朝のうちに済ますよう指示されていましたので、またゴッドハンド洋一に変身。いちいち面倒くさいです。早く点滴卒業したい。

呼ばれて処置室へ行くと、担当は松島菜々子似と噂の美人先生でした。
ツンツンツンとリズミカルに外される感触を数えていたら、針の数は全部で15個。それから先日ドレン管を外して頂いた時に残ってしまっていた糸も全部きれいに抜いていただきました。
美人な上に手際も良い。

さあ、これでお腹はすっかりノーガードです。
万が一パカっと開いてしまったらどうしようと、意味も無く不安なのですが、これでいいのだと。

9:30。順調に回復してきたので、ナースステーションから遠く離れた病室へ引越しとなりました。
あんよは上手で見守ってくれた先輩病人のおばちゃんたちともお別れ。お世話になりました。

110210a.jpg
(淑女の寝室。カーテンの向こうに人がいるんじゃなくて、私のシルエットです。)

今度の病室は南向きの明るいお部屋。今までは中庭に面していて景色もよくなかったのですが、今度は見晴らしもいいし、ワンセグも入るし、グーです。
引越し後私が一番最初に確認したのは、もちろんコンセントの場所。ケータイ、ウォークマンと充電命の入院生活ですから。あそこだな、よし。

15:00。抜鈎後は病棟以外に出てもよいので、一階の売店に買い物に行ってみました。
マウントレーニアの冷たいコーヒー。味わってゆっくり飲みます。すごくおいしい。

21:00。就寝。
部屋が暗くなってしばらくすると、なんか変な音が聞こえてきました。音?声?人間?インコ?インコ?これインコの声!?
それが、私と同じタイミングで引っ越してきた向かいのベッドのご婦人の寝言だと気がついたのはすぐのこと。

インコを飼ったことのある方ならわかっていただけると思いますが、人の声を真似しているときの、真似しはじめたときのインコの声ってありますでしょ。あれそっくり。インコがいるとしか思えない声なのです。

文字で書けというならば、
アー!ムニャムニャムニャピチュピチュピチュ。。。。アッハッハッハッハーーーー!
こんな感じとしかいいようがない。

さっきまでは妙齢のご婦人だったとおもうのですが、いつの間にかインコになっているよ!

インコばばあの声を聞きながら新しい病室での夜は更けてゆくのでありました。

Posted by moerux
Category : からだ
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
コメント
コメントする