モエルごみの日

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 入院七、八日目 1月24日(月)〜1月25日(火) | main | 役に立ったもの、立たなかったもの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
入院九、十日目 1月26日(水)〜1月27日(木)

 1月26日(水)

今日は退院検査の日。
摘出した子宮筋腫や卵巣嚢腫の細胞病理検査結果を教えてもらえる日です。
手術は無事に終わって回復もしてきているけれど、この結果次第では本当には喜べない。あんまり考えないようにしていたけれど、本当はすごくすごく心配でした。

9:00。ナースコールのスピーカーから名前を呼ばれて処置室へ向かいました。
執刀医のI先生です。
まずはお腹の傷口のチェック、そして婦人科の例の椅子に乗って内診、消毒。これらは特に問題なし。
そして病理検査の結果も問題なし。明日退院決定です。

やった、ばんざい!

退院後の生活の注意が(重いものを持つなとか、退院後しばらくは入院中と同じような生活にしろとか)を書かれた紙をもらいましたが、食生活は普段どおりでかまわないとの事でしたので、気になっていたあのことを聞きました。

「普通って、あの、アルコールも大丈夫なんですか?」
「まぁ、そんなに大量に飲むってわけじゃなきゃね…」

このときのI先生の半笑いが、先生の心中を物語っておりましたが、気にしない気にしない!

9:30。最後の鉄剤注射。

110124_1034~02.jpg
(先日も使った写真ですが)

この注射のあと、手の甲に刺さった針を外していただき、ついにすべての管から開放されました。私は自由よ〜!(まだだよ…)

11:00。妹来。談話室で昼ごはんまで話す。
退院が決まったことを話して一緒に喜んでもらいました。
お腹の傷みる?と聞いたら、みる、というので、談話室に誰もいなかったのを幸いにお腹をべろんちょとめくりパンツをずらして見せてあげました。うーん、なまなましい…と感想。まぁそうでしょう、しろうとね。ふっふっふ。

12:30。シャワー。
手の針がなくなったので心置きなく頭を洗い、体を洗い、タオルを絞る。いいなぁ〜自由っていいなぁ〜。

午後からは、身の回りを整理しました。
明日退院後は自分ひとりで帰るので、ほとんどの荷物は今夜キアロに持って帰ってもらうことにしました。
タオル、着替え、本、お花、書類、短いようで長かった10日間、長いようで短かった10日間、いつの間にかずいぶんと荷物が増えました。
本当に必要最低限のものだけを残してパッキング。



1月27日(木)

退院の日。
朝食を済ませたら、あとはもうなにもやることがありません。前のベッドのインコばばあは早くから自分の服に着替えてうろうろしていましたが、私はギリギリまで寝巻きを着たままで入院最終日の喜びを満喫していました。

薬剤担当の方が退院後に飲むお薬を持ってきてくださいました。鉄分の薬が2週間分、痛み止めも同じくらいあったけど、これは痛いときだけ飲むようにとのこと。

11:00。事務担当の方が退院証明書と請求書をもってきました。

さぁお家に帰ろう。

ナースセンターで手首のバーコードを外してもらい、看護師の方に挨拶をして、颯爽と去る…つもりですが、まだ歩みは若干ふらふらです。

一階のもろもろカウンター。
保険屋に提出する診断書を庶務の窓口に提出し、退院受付で入院全納金を一旦返してもらい、その後改めてお支払い。(カード払いにしたのでこういうややこしいことになりました。)
一口で書けばこれだけの事ですが、まぁ色々あってこれが二時間くらいかかりましたが、なんとか病院脱出。

これで全部終わった!

皆様。
お見舞いの品を送ってくださった方や、お見舞いに来てくださった方、お手紙を下さった方、自分の闘病生活を話してくださった方、それからメールやツイッターで気晴らしに付き合ってくださった方々、心の中で密かに心配して下さっていた方々。それからそれから結婚記念日以外は毎日来てくれたキアロ氏!
みんなみんなありがとうございました。

モエルはこうして無事元気になりました。

入院記録はひとまずこれで終わりです。
長々と読んでいただきありがとうございました。

Posted by moerux
Category : からだ
4 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
コメント
退院おめでとう!(って、もう2週間経つんだ。早いな〜)

同僚が月曜日に入院して火曜日に手術です。(婦人科の)
でも彼女は長年産婦人科の看護師だったので、知りすぎているため逆に怖いそうです。
今日はずっとTheテイモウの話で盛り上がりました。

いつも明日は我が身のつもりでみんなの病院話を聞いてます。
悪いところを治しながら、長生きしようね!
2011/02/12(Sat) posted by kerrie
細胞病理検査の結果、なんともなくて本当によかったです。
私の義母もすい臓癌をやっていまして、半年ごとに検査、そして毎回結果がでるまで気が晴れないの繰り返しだそうです。
私ももしかするともしかするので、モエルさんの闘病記とても参考になりました。
入院、やっぱりできればしたくないものだけど、改めて健康のありがたさと家で寝られる幸せを実感するので、一度くらいはしてみてもよいものなのかもしれません。
2011/02/13(Sun) posted by hodo-hodo
【ケリーちゃん】

ありがとう!
そう、もう2週間も経ったよ。そして明日から会社じゃ!

知りすぎて逆に怖い。。。ってことが、あるのかー。
そうか、そうだよね。
なんとなくのんびり過ごしていた入院生活だったけど、
もしかしたらそう出来なかったことになっていたかも知れないしね。
順調に終わってよかったなー。って思います。

てーもー。
あれって毛によって伸び時期が違うらしく、伸びている毛は伸びているけど、伸びていない毛は全然伸びていないの。
ある日急に伸びるのかな〜。楽しみだわ。
2011/02/13(Sun) posted by モエル
【ほどちゃん】

病理検査の結果が出るまでは安心は出来なかったです。
もちろん、万に一つのこともあるからという検査であって、最初から疑わしいから検査するということではないのですけれどね。

え?私の記録、参考になりましたか〜?
あんまり為になることは書かなかった気がするんだけど。
あ、てーもーのとこ?(爆)

実は私も一度でいいから入院ってものをしてみたいなーって思ってたのです。
これで願いが叶ったし、身体もすっきりしたし。
お腹に大きな傷が残っちゃったけど、これも自分の一部だと思えば愛しいモンです。

でも、やっぱり健康が一番ね!


2011/02/13(Sun) posted by モエル
コメントする