モエルごみの日

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
『ツィゴイネルワイゼン』
夏休み中にはなんとか観ようと自分で勝手に決めてしまったので、最終日の本日義務のように鑑賞。

joy-080817a.jpg

主人公青地と友人の中砂は旅先の宿で小稲という芸者に出会う。何ごとにも関心のなさそうな視線の青地に比べて、中砂は小稲に執心な様子だった。
旅の後しばらくして中砂は結婚するが、新妻の園は小稲に瓜二つで青地は驚く。所帯をもった中砂だが、生来の風来坊っぷりで家にはよりつかず、園は寂しさで気がおかしくなりかけている。やがて子供が生まれるが、園は悪性の風邪にかかりあっけなく死んでしまった。
残された赤ん坊のために乳母を雇ったと中砂がいうのだが、その乳母はあの芸者の小稲だった。小稲は自分たちは結婚したのだと言い張るのだが、中砂は乳母とお手伝いと芸者を兼ねた女を置いているだけだと笑う。
やがて中砂も死んでしまい、小稲は残された赤ん坊だけがこころの頼りのような気持ちで暮らしているようだ。
時々青地の家に訪ねてくる。ここに中砂の本が貸してあるはずだ。またしばらくしてたずねてくる。もう一冊ドイツ語の本があるはずだ。また来る。サラサーテ自身が演奏しているツィゴイネルワイゼンのレコードがあるはずだ。

なぜ本があることを知っているのだ。レコードのことを知っているのだ。トヨちゃんがお父様と話している会話を聞いたのです。

何年も前に死んだはずの中砂と、中砂の生前にはまだ赤ん坊だったトヨコが話しているのだという。そんなはずがあるものか。

joy-080817b.jpg

まず映画全体の画像から受ける印象は、寺山修二の『田園に死す』を思い起こされるような、不安な美しさを持つ絵画的なものでした。鎌倉の切通しのシーンで大谷直子が笑うシーンなど恐ろしいほど美しかった。
最初の海岸のシーンでの群集の動きや、砂浜に埋まった盲目の芸人が殺しあうシーンなどもまるで赤テントの舞台を見ているような印象でした。めくらの一人が麿赤児だったからかもしれませんが。

青地の妻周子の描き方が好きではなかった。原作には登場してきたのだったかな。中砂と周子が関係を持っているのではないかと青地が疑っていくためにはあの自由奔放さが必要だったのかも知れないが、あんなにエキセントリックである必要もない。このキャラクターはちょっと残念でした。

園と小稲の二役を演ずる大谷直子は秀逸でした。顔も手も着物姿もすべてが美しかった。
特に中砂の持ち物を返してくれと玄関先の暗いところにたたずむ姿は原作の『サラサーテの盤』に書かれたシーンを忠実に再現できていました。ひっそりと、恐ろしく。

青地の藤田敏八は台詞回しがよかった。どこにもなににも感情がこもっていないように返事をしたりするところなどとてもよかった。

中砂は原田芳雄。この人は何を演じても原田芳雄になってしまってちょっと苦手です。
ただ、風来坊で女好きで自分勝手でずるい男という意味では原田芳雄さんの風貌はよく似合っていた。

原作が内田百間だということで長い間観なくては観なくてはと思っていた映画だったのですが、百鬼園先生のイメージとはちょっとかけ離れていました。この映画は鈴木清順の映画だと、そう割り切ってみたほうがいいようです。
Posted by moerux
Category : 映画
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
ツタヤ半額
こないだツタヤが半額だったのでウホウホと昔好きだった映画を借りてきた。

ウォン・カーウァイの『天使の涙』の中のカネシロ君が最高に可愛かった記憶があったのだが、久しぶりに観てみたらなんかこうちょっと違うのよね。

缶詰パイナップルの食べすぎで口が利けなくなった男の子という設定(どんな設定だ…)のせいか、身振り手振りがオーバーで表情もオーバーで。昔見たときはそれがとてもかわゆらしく感じたのだけど、今回はとてもうるさく感じられた。あぁもうわかったからそんなに大げさにしなくてもいいよ、って感じに。

同じ映画なのに観るタイミングで全然感想が違ってくる。
映画が変わるわけはないからこっちが変わったんだな。
とは言うものの、最後のバイクのシーンは相変わらずよかった。でもあのスピードでタバコの灰が落ちないのは何故?

映画はあとは懐かしシリーズとして『恋する惑星』『鬼畜』『ヒポクラテスたち』『小さな中国のお針子』『ツィゴイネルワイゼン』。

『ツィゴイネルワイゼン』はまだ一度も観たことがない。そして百鬼園ファンとしてはすごく観たかった映画。たぶん今週末あたりに鑑賞。
Posted by moerux
Category : 映画
2 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
『オオカミの護符』
古くからの友人、小倉さんがプロデュースした記録映画『オオカミの護符』を見てきた。

あいにくの雨の中、開場15分前にホールに着くとそこにはもうすでに大勢のお客が傘を差して待っていた。これは盛況の予感。しばらく待つとやがて扉が開き、小倉さん本人がお客を招きいれてくれた。おめでとうと一言だけ挨拶を交わして傘をたたみながら中に入る。監督の由井さんの姿もロビーに見えたけれど大勢のお客に挨拶をしているので声を掛けるのは遠慮した。
900席以上ある客席はあっという間に一杯。70歳以上は無料という大盤振る舞いのせいか、年配の方が多いように見える。

さて、開演時間になり、由井さん、あいや、由井監督が舞台の端に立って挨拶をする。こうして遠目に見てもやっぱりハンサムだ。
7年掛かった映画製作のうち自分が係わったのは最後の2年だけで、最初のころはずっと小倉さんが一人でこつこつと取材をしていたというお話などを聞く。

さぁ、会場が暗くなって映画の始まりだ。

始まりは竹やぶのショット。

川崎の土橋というところで生まれ育った小倉さん。そこはほんの数十年前まではタケノコの産地として有名なところだった。
自宅の蔵の入り口にオオカミの絵のかかれたお札があって、それはたぶん彼女は子供のころからごく当たり前に見ていたものだったのだろうけれど、それを不思議と思い、丹念に調べてゆく。
お札の発行された御岳山神社への取材や、なぜ農家の家々にお札が貼られているのか。お札はどのようにして各家に配られるのか。
また私がとても興味深かった、太占(ふとまに)という、鹿の肩甲骨を焼いて現われるひび割れで農作物のよしあしを占う神事など。
一つ一つ調べてゆくうちに浮かび上がった疑問を本当に根気よく調べていっているのが伝わってくる。

そういえばこの何年か、彼女から貰った手紙やメールには、お百姓の暮らしを調べているとか、今残しておかないと消えてしまうものがあるとか、そんな言葉があったように覚えている。
その使命感のようなものが彼女を一本の映画に駆り立てたのだろうと実感した。
たぶん。これは私の想像なんだけど、初めのころは漠然とした興味心で古い農家の暮らしぶりなどを調べていたのだろう。その中からよく一本の主題を見つけて、そしてそれをよくぞ映画という形にまで作り上げたものだと、その根気と努力に唸ってしまった。

満席となった会場は、舞台となった川崎の土橋のすぐそばにある宮前市民館だ。
映画が終わったあと、ロビーではたぶん映画のどこかに出演していたのだろう、「よく映っていたよ」と声を掛け合うお年寄りの姿を数人見かけた。
なんでこんな辺鄙な会場を選んだのだろうと失礼ながらも思っていたのだが、地元に目を向けた小倉さんらしい選択だったのだなと納得しながら帰ってきた。

よい映画会でありました。
Posted by moerux
Category : 映画
2 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
『オオカミの護符』
今日はちょっとお知らせ。


『オオカミの護符』
古くからの農家である実家の軒先に貼られている、御狗様の絵の描かれた御札の意味をさぐってゆくドキュメンタリー映画だそうです。

私もまだ内容は紹介ページに書かれていることしか知らないのです。
詳しくはこちらをどうぞ。

実はこの映画の制作会社ささらプロダクションの代表小倉さんは私の高校時代の友達です。
とは云っても、学校のときはほとんど接触が無かったのですが、卒業した途端に仲良くなって随分と濃い文通を交わしたものでした。メールなんて無い時代ですからね、文通ですよ!

当時から小倉さんは企画力のある女の子で、卒業後のクラス会を自宅で開いたり(よく考えたらコレはすごいことです、お家にそれだけのキャパがないと出来ないもん)、自分の周りの留学生を集めて持ち寄りパーティーを開こうと云う発想がいつの間にやらスポンサーまで探し出してしまったりと、普通だったら面倒くさくてやりたくないようなことを積極的にやっていました。

あのころから小倉さんは人の集まる場所を作りたかったんだろうな。
今でも全国各地から若い人が小倉さんの家にフラリと流れ着いては夕飯にありつくという、肝っ玉母さんのような小倉さんです。

そして監督の由井さん。
とてもハンサム(ここポイント高いです!)で、話も面白く、おかしいときは声をあげてげらげらと爆笑できる人。大人になるとなかなかいないんですよね、本気で爆笑できる人。
由井さんが話してくれた狸の話は本当に面白かったな。

そんな二人が立ち上げた会社の第一作目『オオカミの護符』。送られてきたチラシには文化庁支援の文字もありました。どんな内容になっているのかな。来週の3月19日、川崎の宮前市民館で公開、その後各地で上映会を行う予定だそうです。
興味のある方はぜひどうぞ。
Posted by moerux
Category : 映画
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
ミズシマーっ
最近キアロ氏は映画に凝っているらしく、よくDVDを借りてくる。
のはいいのだけれど、私の趣味とは合わないので一緒に鑑賞することは稀だ。

しかし、今日は違った。

昼近くに私が布団から這い出してくると、リビングではキアロがちょうど映画を観はじめたところだった。

どうやら戦争モノらしい。
ケロロ軍曹みたいな帽子をかぶった日本兵が南方の地を歩いている。よく見ると中井貴一がいる。随分若い。

こ、これは。。。『ビルマの竪琴』!?

『ビルマの竪琴』といえば、坊さんの格好で肩にオウムを乗っけた中井貴一。当時、よーくお笑いのネタにされていた。「ミズシマーっ」って呼ぶんだよね。そのシーン観てみたかったのだ。よし、私も観る。

物語としては、一人隊から離れてしまったミズシマが坊さんの姿を隠れ蓑としてビルマの各地を歩くうちに、戦死していった日本兵の姿を目の当たりにし、この屍全てを弔ってやらなければ自分は日本に帰ることは出来ないと決心し、最後には隊に出会えるのだけれども別れを告げて去ってゆくというもの。

その別れのシーンが有名なオウム肩乗せシーンなのだろう。

映画を観ている途中に時々キアロが変な声で「ワタシハカエリマセン!」と叫ぶので、興が冷めるからやめてくれと頼むと、DVDのジャケットに書いてあったのだという。しかも、それがオウムの叫び声だと。

ぬ、ぬゎんとっ!?あの肩のオウムはそんな大事な役割を持っていたのか。ってか、キアロの変な声はオウムのつもりだったのか…。

しかし話が進んでくると、隊の兵隊達がオウムに言葉を仕込んでいるではないか。
「ミズシマ、イッショニ、ニホンニ、カエロウ」

ひぃぃぃぃ〜まさか、まさか、あの別れのシーンはオウムとオウムの台詞合戦なの!?
「ミズシマ、イッショニ、ニホンニ、カエロウ」
「ワタシハカエリマセン!」
「ミズシマ、イッショニ、ニホンニ、カエロウ」
「ワタシハカエリマセン!」
…地獄。

もう俄然興味はそのシーンしかなくなってしまった。早く。早く。

実際はね。
あまりにも具体的に想像しすぎたので、ちょっと期待はずれだったクライマックスシーン。
でも両肩にオウムを乗せて泪をぽろぽろ流している中井貴一を見たら、腹抱えて笑ってしまった。


『ビルマの竪琴』。想像力を養うにはいい映画かも知れません。…私だけか。
Posted by moerux
Category : 映画
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
『ボルベール』その2
せっかくあちこちから写真を拾い集めたのに、文字数制限があって載せられなかった。

素敵なペネロペの姿をぜひドウゾ。

joy-070729a.jpg
ペネロペ演じるライムンダ(右)とその娘(中)それから姉(左)
ライムンダを育てた伯母さんが姉のほうとキスをするとき抵抗ありげにするのが笑えた。

joy-070729b.jpg
隣人が手放したレストランを勝手に経営してしまうライムンダ。
こんな美人の女主人がいたらあたしぁ毎日通うよ〜。

joy-070729c.jpg
化粧中のライムンダ。色っぽい。
こんな服でお仕事するのかと思ったらこれはタダの下着で、上の赤い服に着替えていた。

joy-070729d.jpg
姉の家を訪なうライムンダと娘。
姉はモグリの美容院を経営している。
女たちはいろいろ事情がありながらも実にたくましく暮らしている。

『オール・アバウト・マイ・マザー』のときはまだまだ若くて、ちょっとヘンな顔した女優だなとしか思っていなかったけど、ペネロペ・クルス、本当に素敵になったな。
Posted by
Category : 映画
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
『ボルベール』
招待券が当たったので先週観てきました。

物語は墓参りのシーンから始まる。
スペインにもお盆の墓参りみたいな風習があるのか、大勢がそれぞれの墓の周りを掃除したりお参りをしたり。だけどそれが全員女性ばかり。

そう、この映画はボルベール監督またしても女性が主役の、女性賛歌の映画だった。

映画が始まってしばらくは、この映画の流れに乗れなくて少し戸惑った。というのは、これはコメディなのかシリアスなのかサスペンスなのか、そして誰が主役なのかもよくわからなくて、どういう心構えで観続ければいいのかちょっとよくわかりづらい。

つまりは、不必要な説明調シーンが少なくて、ストーリーテラーもいないのですね。

実際は殺人事件とかあるし、過去のいろんな事件なども逸話として登場してくるんだけど、でもなんというか全体の流れが普通の日常の中の一こまのようにスルースルーと流れてゆく。その効果をもたらしているのが前述の説明を省いた手法なのだな。これがあまり省きすぎるとカラックスの『ポーラX』の様に難解な作品になってしまうんだけど、この映画はそこまではいっていない。親切だ。

はっきり言って、ストーリはそれほど面白くなかった。

しかし、ナニがよかったかと言って、ペネロペ・クルスの美しかったこと!

冒頭の墓参りのシーンでは髪をくしゃくしゃと結い上げて古臭いワンピースかなんかを着ていて『ブーベの恋人』のときのクラウディア・カルディナーレを彷彿とさせる。古くてスマン。

それから彼女が歌を歌うシーン。あれはこの映画の中でも最高の見所。
ちょいと低めの声で、たぶんこれは日本で言ったら民謡か演歌みたいな哀調あふるる歌なんだけど、それを熱唱する彼女の姿を観るだけでもこの映画の価値はありますよ。

それから、彼女のファッションがよかった。赤い服ばかり着ていたというのでもないのだけど、赤が印象的でした。
本人にはその気がないんだけども、性格なんかも勝気なんだけど、どうしてもどうやっても色気がはみ出てしまう女性、そんなタイプの女性が着ている服。非常に素敵。
映画のエンドロールでも、彼女の服のテキスタイルの柄がイラストになって使われているのが小粋でした。

影響を受けて、この映画の後、モエルは赤い服を2枚も買いました。
GAPとユニクロという、実に色気のないものではありますが。
Posted by
Category : 映画
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
『鉄コン筋クリート』
ついに出た!鉄コンのDVD!!!

うぅ。。。この日を半年待ちました。
明日発売&レンタル開始の予定だけど、見切り発車があるはずとTSUTAYAに行ったら果たしてありましとぅゎ〜。すんません、うれしくて浮かれています。

映画館のスクリーンで観たあの浮遊感が家庭のテレビ画面で味わうことが出来るか。楽しみ。

ってわけで今日は寝る!

なんかどうもこのごろ眠くて眠くて、オバチャンすぐ寝ちゃうのよねぇ〜だめねぇ〜
Posted by
Category : 映画
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
『鉄コン筋クリート』
カカンキンコンキンケンカカンではなく、
カカンコレンイチバンウマイナウでもなく、
テッコンキンクリートを観てきました。


joy-070105.jpg

。。。ちと苦しかったか。

松本大洋の漫画は、もうずーっと気になっていたのだけど、ちゃんと読んだことがない。『花男』も『ピンポン』もすごく気になっていたんだけど、読む機会がなかった。
読んでいないけどもイメージだけは抱いていて、イラストレーターの描いた漫画って感じでとにかく絵に雰囲気のある作品だなぁと思っていた。まぁ読んでいないんだから扉絵からの情報しかないんだもんね。

『鉄コン筋クリート』はウェブで予告編を観た瞬間に絶対に映画館に行こうと思った。

最高の魅力はやっぱり絵だったよ、絵。
まずは冒頭のシーンで目を奪われるのが街の風景。
昭和30年代の日本と香港とインドとトルコとバリとetc.etc...とにかく街がごちゃ混ぜなんだ。それが圧倒的な質量密度で描かれていて、その中を自由自在に走り飛び回る主人公クロとシロ。私の大嫌いなCGも、CGで御座いますと判りやすーく使われているんだけど、それでも全然嫌悪感を抱かなかった。むしろ好印象。

それから本当に感心したのは声優陣。
私の大好きな、いや、愛している蒼井優ちゃんがシロの声を演じていたのだけど、あの無邪気な中にも直向な思いのこもった声、彼女天才だ。
クロの声は二宮和也。ジャニーズだっけ。この子もよかったなぁ。実際の演技も巧いんだろうなぁって思わせる自然な吹き替え。
それと特筆すべきは、ヤクザのネズミ役の田中泯。この人は『たそがれ清兵衛』でお尋ね者を演じたお方ですね、もともとは舞踏家だとか言ってたかな。でも『たそがれ〜』のときも思ったけど、すごく低く響くいい声の持ち主。この人にアテレコをさせるなんて、あぁセンスあるなぁ。吹き替えの演技的にはちょっと古風なところも感じられたのだけど、でも声のよさでセーフってか、大満足。

映画全体で云えばストーリーはすごく単純です。
さっきも言ったけど、この映画の魅力はとにかく絵だ。あの描き込みの濃さ。
大友克洋の『アキラ』を観たときの衝撃、はっきり言ってアレを超えました、私の中では。
DVD出たら絶対に買うぞ。
Posted by
Category : 映画
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
『あの頃ペニーレインと』
週末の五百円上映で『あの頃ペニーレインと』を観て来たからそのことを書こうと思ったのですが、この映画について、以前にどっかで書いた気がするんだよなー。
でも、このさるさるで検索かけても出てこないし、てんりしんりの方でも見つからないし。
掲示板のほうに書いたのかな。。。あぁ、キモチワルイ。どこだ、どこなんだ。

−−−−−

061024b.jpg

男の子がいましてね、彼は15歳です。
ちょっと頭がいい。自分の信念を貫いた生き方をしている母親に厳しく育てられたのですが、決して萎縮せずに大変素直な若者に育ったのは、私としては奇跡のような気もするのですが。
でも、まぁそんな彼がある伝説的な音楽ライターに出会いまして、自分の書いたものを褒められまして。そして”ほとんど有名”である某バンドの記事を書くために一緒にツアーに参加する。

そこでバンド・エイド、と本人達はそう呼んでいるけども実際はグルーピーですね、そんな女の子と達とも出会う。

今までの厳格な生活と、バンドツアーやグルーピーと云う180度違う生活が始まるのだけど、彼は全く浮ついたところが無いんだよなぁ、なんなんだろう不思議だな。

061024a.jpg

この映画の中で私が一番グッと来たのはタイトルにもなっているペニー・レインという女の子のこと。
いつもバンドのメンバーと楽屋で大騒ぎをして暮らしていて、友達もグルーピーの仲間ばかりだし、生活の全てがお祭りの中みたいな女の子。主人公の15歳の子はペニーのことが密かに好きなんだな。

この女の子が、イロイロあった末にバンドと離れていくシーンがあってね、飛行機で去ってゆくんだけども、そこはグッと来たな。

毎日のお祭り騒ぎは、いつもその中心に自分を投げ込むことで続いている。一度そこから離れちゃったらもうその世界には戻れない。戻れたとしてもあのときと同じ楽しさ同じ高まり同じメンバー、そういうロイヤルストレートフラッシュみたいなカードはもう二度と揃わない。
そのことは判っているけど、でも、いつかは、いつかは卒業しなくちゃいけないって、ペニーは知っている。それが今なんだ。

この辺のなんつーんですか、もうたまらなく切ない気持ちが飛行機の別れのシーンに盛り込まれているのですね。

まだ観た事のない方、切なくなりたいお方はぜひどうぞ。
Posted by
Category : 映画
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
<< | 2/4PAGES | >>